« バニャック諸島 ディスカバリーボートトリップ 2015 vol.1 | トップページ | DISCOVERY MALDIVES ガーフダールボートトリップ第2弾 »

2015.12.05

DISCOVERY MALDIVES ガーフダールボートトリップレポート

皆さんはモルジブへ行かれた事がありますか!?
モルジブはスリランカ、インドの南西に位置し、インド洋に浮かぶ1,200以上の島が
26の環礁に分類され構成されています。

1

海抜は高い所で2.4mと平坦な地形の為、地球温暖化により海面が1m上昇すると
国土の80%が失われてしまうといわれている大変貴重なリゾ-トです。

一般的にダイバ-やハネム-ナ-の人気リゾ-トとして知られていますが、雨季(10-3月)の時期になると沿岸には高いウネリが打ち寄せ絶好のサ-フシ-ズンを迎えます。

モルジブを訪れた多くの方は北マ-レアト-ルへ行かれていると思いますが、

今回、我々一行は首都マ-レから小型機で南へ1時間、

ガ-フダ-ル環礁(南アト-ル)へ向かいました。

理由は、ロ-カルサ-ファ-の一言。

「モルジブでもっともコンスタントに良質の波が打ち寄せるのは “ 南アト-ルだよ”」。

モルジブといえば代表的なポイントはサルタン、ジェイル、パスタ、チキン、コ-クスなどで

何れも北マ-レアト-ルにあります。しかし、近年、サファリボ-トやサ-フキャンプが増え、混雑が避けられなくなっているのも事実です。南アト-ルのガ-フダ-ル環礁には未だサ-フリゾ-トはなく、サファリボ-トもここをメインフィールドにしているのは、

今回我々がお世話になったホライゾン2を含めて3艘のみ。サ-フポイントの数はシ-クレットも含めると20を超えるほど非常に恵まれたエリアであります。

2

3

4

5_2

6_3

 

 

サファリボ-トは風向きや、ウネリの大小に合わせて移動するので

自分好みのポイントがきっと見つかるはずです。

 

              モルジブの美しい自然          7   

8

9

10

11

12

13        メインステ-ジとなったタイガ-ストライプ サ-フガイド "マデ"

波質もタヒチやフィジ-と比べ比較的メロ-でアベレ-ジサ-ファ-からアドバンスサ-ファ-まで幅広く楽しめるところが根強い人気を支えています。
豊かな自然、透明度の高い海ではイルカや海亀が毎日のように出迎えてくれますし、
力強く1日の始まりを告げるサンライズ、水平線を芸術的に赤く染め上げるサンセット、

そして夜空には満天の星とその美しい自然の造形美に息をのみます。

14

15

16

17

18

南アト-ルボ-トトリップは我々の期待をはるかに超えた素晴らしい旅となりました。

特筆すべきは、ホライゾン2のホスピタリティです。

19               Big thanks to all members !!

キャプテンのワヒ-ドさん、サ-フガイドのマデさん、コック、クル-のみなさんのプロフェッショナルとしての仕事ぶり、気遣いは大変気持ちの良いものでした。

20               天然ボ-イ 本吉さん

21               ク-ルでスタイリッシュな中島さん

22               ファントム戦闘機、特攻隊長 都築さん

23               ハイレベルなサーフィンが目立った小野寺さん

24              お馴染みトリップマスタ-波伝説加藤さん

25               果敢に大波に挑んだ紅一点大河原さん

そして、そして、何といっても乗船中の食事には皆が大変驚かされました。
毎食、食卓には食べきれない程の量と種類の美味しい食事がもてなされました。
トリップに於いて食事は非常に重要な要素の一つである事は疑いがありません。

私のサ-フトリップ歴30年の経験を振り返ってもこれだけのおもてなしを受けた

記憶は思い当りませんでした。最後に今回ご参加いただきましたメンバ-の皆さん、

楽しい旅をありがとうございました。機会がございましたらまた是非ご一緒しましょう!

レポート:J.J

撮影協力:波伝説 / Waheed


« バニャック諸島 ディスカバリーボートトリップ 2015 vol.1 | トップページ | DISCOVERY MALDIVES ガーフダールボートトリップ第2弾 »