« 北マルク諸島 レポート | トップページ | バニャック諸島 ディスカバリーボートトリップ 2015 vol.3 »

2015.10.05

ロテ島 ボートトリップレポート

二年前にロテ島で見せられた1枚の写真。                        
 
2015年4月下旬、 そう大型連休となったGWをフルに活かして                        
写真の地、インドネシア最南端の島を目指してボ-トトリップを敢行した。                        
                        
View_imagei_2
3y7a3464

2013年5月、ちょうど2年前の同じ時期、
"T-Land"のスーパ-ロングレフトを楽しむため、                        
バリ在住のスタッフと水先案内人にロ-カルを連れ添って
西チモ-ルのロテ島を訪れていた。                        
そこで、長いあごひげを蓄えたヒッピ-風のレジェンドサ-ファ-が
1枚の写真を手に早朝のT-Reefセッションを終えて上がってきた
私の下へと近づいてきた。                        

3y7a1095_3

3y7a1099_2

3y7a1098_3

3y7a1099_3

3y7a1102_2
3y7a1103_2
3y7a1105                         
3y7a1107
3y7a1110
3y7a1112
3y7a1113
3y7a1117
3y7a1119
3y7a1120
3y7a1124                                    Y.UCHIDA            


ヘイ、ブラ。波はどうだい?                        
うん、悪くない。十分楽しめたよ。                        
すると、微かな笑みを浮かべて、
お-そうかい。それは良かった。  と言って                        
ニヤニヤしたまま手元に持っていた写真を私に突き出した。   



3y7a1184_2
3y7a1185_2
3y7a1192                                                                 M.KATO

                     
俺は昨日、ここから帰ってきたのさ、へへへ と言って。                        
見ると、軽いオフショアに靡いた3~4feetの完璧なライトブレイクである。                      




3y7a1460
3y7a1464
3y7a1468
3y7a1471
3y7a1474
3y7a1478
3y7a1480
3y7a1482
3y7a1484
3y7a1487
3y7a1491                                                               T.NAKAJIMA



サイズはサーファ-が写っていないのであくまで推測だが、                        
リップの飛び方やス-プの厚さなどから
スモ-ルサイズでないことは容易にわかる。                        
 
3y7a1502
3y7a1518
3y7a1520
3y7a1524
3y7a1526                                                                M.ISHIGAKI




1週間滞在して、他にサ-ファ-は誰とも会わなかったと。                        
しかも、パスを挟んで反対側にはパドルで移動できるレフトもあると言う。                        
3y7a2187
3y7a2189
3y7a2196
3y7a2201
3y7a2203
3y7a2207
3y7a2210
3y7a2211
3y7a2212
3y7a2213                                                                  J.TANNO
           

その日から、写真の波が頭から離れる事は無く、
いつかチャンスを見つけて必ず行こうと胸に誓った。                        
思い続けて2年の歳月が過ぎ、遂に、その日はやってきた。
生の姿を目のあたりにすることになるのである。



3y7a2897
3y7a2898
3y7a2900
3y7a2913                                                              H.SHINOHARA  



                        
今、私の目の前で誰にもサ-フされずに規則正しいブレイクを繰り返す
この波は正に写真に写っていたあの波だ。                        






3y7a2940
3y7a2953
3y7a2954
3y7a2957
                                                           Y.TOKURA
 


この島には、住人はいるがサ-フキャンプの類はない。
そのヒッピ-風のレジェンドサ-ファ-は、
民家にホ-ムステイしながら毎日極上の波を独り占めしていたと言う。                        




3y7a2977
3y7a2980
3y7a2982
3y7a2985_3
3y7a2986
3y7a2987                                                                 K.INOMATA

19年前、メンタワイを初めて訪れた時、
その喜びは他に例えようがなかった。                        
メンタワイ諸島はサ-フィン界において
今世紀最大の発見ともいえる「楽園」であったからである。             



Pic_0660

Pic_0674




         
 
西スマトラ、北スマトラは一年中質の高いスウェルが打ち寄せる
ゴ-ルデンエリアとして有名だ。                        
Photo



3y7a0522_2


4n5a9208


4n5a9129_2


Pic_0487


Img_0446





メンタワイ諸島発見と前後して北スマトラのアチェ州に
バニャック諸島が発見され、                        
インドネシアNo,1ライトブレイクと称される
トレジャ-ポイントが出現した。                        
そして、今回の発見は北スマトラとは真逆の方向に
位置する東ヌサ・テンガラ諸島だ。                        




Img_0575
 
群島国家インドネシアには、このように東西南北、
全域に渡って人知れず、無人のブレイクを繰り返す                        
垂涎もののポイントがまだまだ多く点在しているという事は、
疑う余地がないようである。                        



3y7a3688
これからも私のディスカバリ-インドネシアの旅は続いていく。                        
 


« 北マルク諸島 レポート | トップページ | バニャック諸島 ディスカバリーボートトリップ 2015 vol.3 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030707/61851056

この記事へのトラックバック一覧です: ロテ島 ボートトリップレポート:

« 北マルク諸島 レポート | トップページ | バニャック諸島 ディスカバリーボートトリップ 2015 vol.3 »